感電歌詞

ではじっくり歌詞を見てきましょう…! 歌詞の意味・解釈 1番 逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明 回り回って虚しくって 困っちゃったワンワンワン 失ったつもりもないが 何か足りない気分 ちょっと変にハイになって 吹かし込んだ四輪車 まず歌い出しの歌詞では• 今回の楽曲でも 「イカれた夜だけど僕らは人知れず笑い合う」という歌詞は、それに近い構図が組まれているように思います。 米津さんの新曲という事もあって、待ちきれない方が沢山いらっしゃるようですね。 書き出しの仕方から志摩の 「心」と 「現場」の様子を同時に伝えているように感じます。

感電歌詞

周囲を気にせず高笑い 兄弟よ如何かしよう もう何も考えない様 銀河系の外れへと さようなら 真実も 道徳も 動作しないイカれた夜でも 僕ら手を叩いて笑い合う 誰にも知られないまま Bメロでは2人が周囲からは白い目で見られていること、しかし2人は気にせず笑い合っている様子が綴られています。 そのため、この曲は 相棒へ送った歌 ではないかと思いました。 さらにスピードについても考えてみましょう。

7
感電歌詞

「落とした財布」にも注目してみましょう。 しかし今回の楽曲では 「稲妻の様に生きていたいだけ」「誰も追いつけない くらいのスピードで」のように、明らかに 「絶対に自分は自分らしく生きるんだ」くらいの強い気概が感じられる歌詞が用いられるようになっています。 「転がした車窓と情景 動機は未だ不明」は彼の行動パターンを示唆しているように感じます。

14
感電歌詞

」とおっしゃっています。 獣道 ボロ車でゴーゴーゴー ねえどうしよ? ここどこでしょ? ハンドルを手放してもういっちょ アクセルを踏み込もう 出たい場所に出られず虚しさを感じ、仕方なく四輪車で突き進む。

8
感電歌詞

「お前がどっかに消えた朝より」と 志摩を大切に想っている点から、いつまでも 2人で笑って一日を終えたいと考えていることを理解できます。 感謝を込めて。 彼の楽曲では珍しいポップファンクな仕上がりになっていますね。

感電歌詞

まさに 命の輝きに似ています。

感電歌詞

志摩との喧嘩は、まさに漫画でしか見れないような無邪気で幼稚なものです。

10
感電歌詞

第1話放送後には、Twitter上で 世界トレンド1位を獲得するほどの反響がありました。

5