トーナメント 甲子園 野球 高校 表

2017年(第99回大会)からは放送において、投手の投球数表示(球速表示と交互に)がされるようになった。 2010年までは、日程が順延されても当初予定された日程で放送されていたため、2009年は4回戦(ベスト16)の試合が中継された。

4
トーナメント 甲子園 野球 高校 表

開催年は、開催期間の重複を可能な限り避けるための日程調整が実施されることがある。 また、甲子園では春を含めても史上初めての同名校対決が実現(と)。 なお優勝・準優勝校は試合終了直後に土を拾い集められず、閉会式終了時で中継が終了するため、大会途中で敗退したチームのみが行うものと誤解されている場合もあるが、実際には優勝・準優勝校も閉会式や記念写真撮影、インタビュー終了後、グラウンドから去る寸前に土を拾っている。

トーナメント 甲子園 野球 高校 表

第2部は通常通り放送)『』および自社発の『』)などの放送による中断(例年の選手権本大会期間中は独立局へのリレーネットで試合中継を補完)をはさんで、14:00から試合の中継を再開していた。 現在の優勝旗は3代目。

6
トーナメント 甲子園 野球 高校 表

1964(昭和39)年 3月28日〜4月5日 史上初の初陣同士の決勝は、現在プロゴルフで活躍するジャンボ尾崎の徳島海南にがい歌。

4
トーナメント 甲子園 野球 高校 表

しかし、決勝では浪華商に打たれ、惜敗の準優勝。 1930(昭和5)年 3月30日〜4月5日 大会史上初の2連覇を第一神港商が達成。

3
トーナメント 甲子園 野球 高校 表

なお、両日とも16時台の後半にテレビ朝日発の全国ネット番組(15日『』・16日『』)が控えていたため、編成上は中継の終了時刻を16:25に定めていた(15日は16:25で終了・16日は17:20まで延長した後に17:25から『サンデーステーション』へ飛び乗り)。 その後に、決勝戦を当日深夜に録画中継を行った。

トーナメント 甲子園 野球 高校 表

1995(平成7)年 3月25日〜4月5日 大会前に阪神大震災が起こり、復興に寄与するため会期が1日延長された。 なお()の開会式から、ライト側で西宮をPRする会によるを行っていたが、同会が会員の高齢化などにより活動を終了したため、2019年の第101回大会では中止となった。 以降はにともなう・や暑さ対策のため、第1試合は3試合以上行う場合(開会式日は除く。

19
トーナメント 甲子園 野球 高校 表

最終学年である3年生部員を1人でも多く参加させることへの配慮から、招待校1校当たりのベンチ入り登録部員の上限を、例年の選抜大会・選手権本大会(いずれも18人)から20人に拡大。

3
トーナメント 甲子園 野球 高校 表

三重が決勝史上最多得点を記録して初優勝。 第二次世界大戦に伴うからの中断を挟み、は敗戦により放棄した朝鮮、満州、台湾の枠を削除した19枠で大会が再開された。

19