あらすじ 影 ばん びと

妓楼から逃げだした1人の娘が、則天武后の隠密機関として発足した女たちの暗殺組織にたどり着く。

1
あらすじ 影 ばん びと

続き〜 第33話 愛と情の間 晩媚と流光は李嗣源に蛇蔓を入れる。 李嗣源は手に入れた挂剣草を使い目の治療をしている。

14
あらすじ 影 ばん びと

その場にいた李嗣源は二人共地殺にするよう提案する。

17
あらすじ 影 ばん びと

晩媚はそこで生き残っていくために、過酷な任務に身を投じることになるが、晩媚を支え常に傍に寄り添う長安との間に、次第に禁じられた愛情が芽生えていく… 「 晩媚と影-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 晩香も戻り城主・姹蘿の前で報告が行われる。 晩媚の故郷 江城で長安は楚王になった。

19
あらすじ 影 ばん びと

城で元の生活に戻った晩媚(ばんび)はこのまま長安(ちょうあん)と一緒に何事もなく暮らしたいと夢見るが、すぐに現実を突きつけられる。 晩香は往生池の中から母 姹嫵の骨を探すよう命じられ、さらにそれを砕いて燃やし灰にしろと言われる。 李嗣源は最期まで見えないふりを貫いた。

12
あらすじ 影 ばん びと

まさに、~ 紅きロマンス~です。 だが、晩媚(ばんび)に必ず彼を守ると約束したため、謝瑩が李嗣源を殺そうとしているのを知ると、それを阻止するため無字詔を手に入れて謝瑩の元に戻ることに同意する。 しかし城主は、影に戦わせることで勝敗を決めようと言い出す。