陽久 井本

生きていればそれでいいじゃんと本気で言ってくれる」• どうすればより良くなるかという建設的なアドバイスの形になっている。

14
陽久 井本

完成形を知らない黒板の前の子供の立場になって伝え方を工夫するのはもちろん、仲間の発言を受けて次に自分がどんな発言をすれば黒板の前の子供が迷いなく図形を描くことができるかを必死に考える。

陽久 井本

よろしくお願いします。 男子校•。

3
陽久 井本

男の子は、つまり面倒が嫌ではないんですよ。 しかも、眼鏡の数だけ協力した人がいるということですね。 役に立つかどうかよりも、やりたいどうか これはサッカー部の専用グラウンドです。

4
陽久 井本

数秒間の沈黙からスタート 授業の1時間以上前に来て自主的にホームルームを過ごしているという子どもたち。

4
陽久 井本

イモニイの学習会は、「花まる学習会」系列「花まるラボ」主催の「特別授業」という立て付けで実施されている。

6
陽久 井本

この子は絶対に答えがわかっていないんですけど、でもいいんです。

8
陽久 井本

ただ、自宅学習用プリントを渡します。 「そのような平和の状態を望んでいるひとは実はものすごく少数で、大半のひとたちが思っている平和というのは、自分たちがいるところでの平和であって、大半のひとの求める平和は、その手段では実現できないと思う」 「私はね、死にたくないわけよ。

14
陽久 井本

・生徒への愛が普通じゃない ・生徒に押し付けない ・プラスのオーラがすごい ・夢中にさせる名人 ・教えてくれる人というよりも、やる気を引き出してくれる人 イモニイの金言 「これからの授業は<できた・できない>や<理解した・理解していない>ではなくて、生徒たちが授業中に本気で考えているかどうかの一点にこだわって組み立てます」 「僕のライバルはスマホやゲーム機です。