秀忠 評価 徳川

大坂夏の陣の軍儀式で、家康と秀忠は双方が先陣を務めたいと主張します。 母はお愛の方 宝台院。

12
秀忠 評価 徳川

茶々姫(のち千に改名、寿光院)娘(母は姉)、室• 戦に関しては残念なエピソードを持つ御仁• 事なき時は泥塑人(でいさくじん、土人形という意味)のごとくになん」 礼儀正しく失言もない。

秀忠 評価 徳川

確かに家康は狸オヤジだったが、その分、柔軟性があった。

12
秀忠 評価 徳川

そして、後水尾天皇が譲位したのちには、和子以外の側室から、24人もの子が産まれているという。 、薨去。 ただし、家康にはその他多くの子供もいましたし、当時次男秀康もまだ健在ではありました。

16
秀忠 評価 徳川

じつは、徳川家康、秀忠父子は、かねてから、天皇家への姻戚関係を模索していた。

秀忠 評価 徳川

この時秀忠は21歳、海道一の弓取りの家の生まれとしては少々遅い年齢かもしれません。 新しい武士の理想像を描くことで、武士の価値観を変えようとしたのかも知れません。