ドラマ 視聴 率 ランキング 大河

平安時代末期に勃発した保元の乱は平家と源氏の争いに発展し、勝利した清盛はこれを武士の力を証明する機会ととらえ、武士の時代の流れを予見しますが、結局は朝廷の実権に脆くも思いは崩れてしました。 6% 放送期間 :2013年1月6日~12月15日 脚 本:山本むつみ他 放送回数 :全50話 主 題 歌:坂本龍一 音 楽:中島ノブユキ 主 演:綾瀬はるか 時代設定 :幕末~明治初期 主 人 公:新島八重 平均視聴率:14. 真田丸 主人公 堺雅人 出演者 大泉洋、長澤まさみ、小日向文世、内野聖陽、草刈正雄 放送時期 2016年 ジャンル 歴史ドラマ 製作総指揮 屋敷陽太郎、吉川邦夫 【大河ドラマ】5位:NHK大河ドラマ歴代視聴率No1!「独眼竜政宗」 7%を記録した作品です。

2
ドラマ 視聴 率 ランキング 大河

播磨国の小領主・小寺家に仕えていたまだ若い頃の黒田官兵衛の姿、その後、羽柴秀吉に見出され、その覇業の傍らで存分にその智謀を振るい活躍する姿、そして秀吉の死後勃発した関ヶ原合戦の中で、ある野望を胸に人生最大の勝負に打って出る晩年の黒田官兵衛の姿など、その生涯が余す事なく描き出されています。 1%でした。 第1話の視聴率は「19. 吉川英治の大長編作品「新・平家物語」を原作とした大作で、平家の繁栄とその凋落、滅亡が描かれる、一大叙事詩に仕上げられています。

ドラマ 視聴 率 ランキング 大河

成長した信繁は秀吉の馬廻り衆となり、秀吉の死後も豊臣家のために尽力を尽くします。 歴代大河ドラマ視聴率ランキングTOP45-41 45位:炎立つ NHK大河ドラマ、歴代視聴率・第45位は、1993年放送開始の「炎立つ」です。 主人公は、江戸幕府二代将軍・徳川秀忠の正室・江姫で、女優・上野樹里さんがその波乱に満ちた生涯を魅力的に演じています。

13
ドラマ 視聴 率 ランキング 大河

「第1話から第2話への視聴率下落率をみると、『青天を衝け』は15. 秀吉役の竹中直人さんの迫真の演技も話題となり、近年放送の大河の中では空前の大ヒット作となりました。 平均視聴率は「21. 史実での徳川吉宗の時代は、泰平の時代だった事もあり、大河ドラマ向けの主人公ではないと心配されたものの、それを逆手にとって将軍家内のホームドラマといったイメージで展開した事で、新たな視聴者層の獲得に成功しています。 龍馬伝 主人公 福山雅治 出演者 大森南朋、佐藤健、広末涼子、真木よう子、香川照之 放送時期 2010年 ジャンル 歴史ドラマ 製作総指揮 土屋勝裕、鈴木圭、岩谷可奈子 【大河ドラマ】おすすめランキング13~11位! 【大河ドラマ】13位:吉田松陰の妹目線で描く「花燃ゆ」 吉田松陰の妹である文の目線で、松下村塾や幕末の動乱、幕末から明治にかけてが描かれている大河ドラマです。

ドラマ 視聴 率 ランキング 大河

主人公の岩田未希は、農村の地主の家の生まれでしたが、農地改革の煽りを受けて実家が没落、苦難の生活を送りながらも勉学に励み、当時は極めて珍しい女性医師になります。 徳川家康役を津川雅彦さん、徳川秀忠役を西田敏行さん、徳川家光役を尾上辰之助さんがそれぞれ演じています。 47位:新撰組! 当初は父・昌幸いわく元々は勘に頼りすぎる性格であった為、度々失敗を繰り返していました。

ドラマ 視聴 率 ランキング 大河

平均視聴率は「18. 後に起きる「池田屋事件」で再会するとは思いもよらない3人でした。 周りを圧倒するほどの演技力で、豊臣秀吉そのものといっても過言ではありません。

14
ドラマ 視聴 率 ランキング 大河

なんと言っても見どころは、陽気で破天荒な豊臣秀吉を演じきった竹中直人の演技でしょう。 平均視聴率は22. 江戸幕府の将軍の中でも特に人気の高い、8代目将軍・徳川吉宗を主人公とし、その生涯を描いた作品です。 幕末の偉人・大村益次郎を主人公に据え、吉田松陰や高杉晋作といった幕末の英雄達の活躍をダイナミックに描いた、青春群像作品です。

8
ドラマ 視聴 率 ランキング 大河

「宮本武蔵」と言うと、皆が見たいと思っているのは、 最初の橋で手紙を渡すシーンと、最後の川中島の決戦のシーンです。

17
ドラマ 視聴 率 ランキング 大河

7%です。 平均視聴率は24. そのため、本来1月5日にスタートの予定が、2週間遅れの同19日にずれ込んでしまった。 東山文化が花開いた時代でもあるので、それらが意識されていたのでしょう。