地震 近畿

陸域で発生した地震で、京都府での確実な被害地震の記録は、M6.7以上と推定されている976年の地震からです。 の湧出が数か月間止まる。 0程度、死者あり。

3
地震 近畿

バスは、のなど、京阪神地区とを結ぶ多くの高速バスが18日には運休した。

地震 近畿

1)、・・で最大震度6強。 2018年6月18日閲覧。 本荘城廊大破。

7
地震 近畿

0、煙突多数倒壊。

13
地震 近畿

、の石垣や塀が崩れる。 地震のメカニズム [ ] によると、は西北西 - 東南東を圧縮面とする型。 空の便も大きく乱れ、関西エアポートによると、18日午後3時までに大阪(伊丹)空港で82便が欠航しました。

地震 近畿

2018年6月22日閲覧。

18
地震 近畿

では、茨木市で6万4254戸、高槻市で4万5745戸、吹田市で1208戸、摂津市で744戸の合わせて11万1591戸を対象に、安全確保のために供給を停止した。 京都でも揺れが感じられる(『』)。

6
地震 近畿

(大正11年)• 5、幅二、()で長さ三千余丈の地割れ()。

1
地震 近畿

遠山川のが後日決壊し、死者50人。 1317年2月24日 (文保1) 京都 6.5~7.0 白河辺で、ことごとく住家全壊し、死者5人。 千葉県房総半島沖で地震 - 8時19分にM6. (天保5年) - M6. 京都府の主要な活断層は、滋賀県境付近から奈良県境付近にかけてとが延びています。

9