インフルエンザ 鳥 茨城 県

これで今シーズンは17の県で確認されたことになります。 厚生労働省ホームページ 厚生労働省検疫所 内閣官房鳥 鳥インフルエンザ H5N2• なお、本件は、茨城県においてもプレスリリースを行っております。 今後、茨城県は、国内41例目の移動制限区域内で、当該疾病の新たな発生が認められなければ、令和3年3月10日(水曜日)午前0時(3月9日(火曜日)24時)をもって、当該移動制限を解除する見込みです。

インフルエンザ 鳥 茨城 県

検査優先種:「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」において、感染して死亡しやすい種を中心に設定しているものです(別紙参照)。 そのため、下表に該当があれば検査を実施しますので、検査の必要がある死亡野鳥を発見されましたら管内の県民センター環境・保安課または県央環境保全室までご連絡ください。 令和3年3月4日 農林水産省 茨城県は、同県城里町で確認された高病原性鳥インフルエンザ(今シーズン国内41例目)に関し、発生農場の周辺にある農場について清浄性確認検査を実施し、本日までに、全て陰性であることを確認しました。

4
インフルエンザ 鳥 茨城 県

農林水産省としては、「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針(大臣指示)に従い措置を実施することについて確認します。 茨城県潮来市の死亡野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出(野鳥国内47例目)を受け、2月4日(木)に野鳥監視重点区域を指定し、野鳥監視の強化をしてきたところですが、その後、当該区域内で野鳥の大量死等の異常は確認されなかったため、3月3日(水)24時に当該区域を解除しました。

インフルエンザ 鳥 茨城 県

大井川和彦知事は葉梨康弘農林水産副大臣とウェブで会談し、防疫措置に使う防護服やマスクなどの資材供給や現場の対応に当たる獣医師の派遣などで支援を求めた。 必要に応じて、食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会家きん疾病小委員会を開催し、防疫対策に必要な技術的助言を得る。

17
インフルエンザ 鳥 茨城 県

葉梨副大臣は「国としてもしっかり応援していく」とし、疫学調査チームの派遣については「しっかりと原因の究明を行っていくことが非常に大切だ」と述べた。 () 添付資料• これを受けて、農林水産省は2日、対策本部を開きました。

20
インフルエンザ 鳥 茨城 県

感染状況、感染経路等を正確に把握し、的確な防疫方針の検討を行えるようにするため、必要に応じ、農林水産省等の専門家を現地に派遣。

8
インフルエンザ 鳥 茨城 県

(2)同日、当該鶏についてインフルエンザ簡易検査を実施し陽性。

8