くらい は 歌詞 今日

放送前や放送後、歌詞の予習・復習にご利用ください!また、今回は『歌ネット版・紅白歌詞合戦2020』もお届け!併せてご堪能を! スペシャルインタビュー ポルカドットスティングレイ 歌詞にはファンの方のTwitterやInstagramがいちばん大事。

くらい は 歌詞 今日

この夢は想像以上だね こんな日が待ってたなんて ありがとう ずっと宝物 感動が止まらない…止まんない! この「赤いゴミ袋」に不要になったポリス衣装を入れて店舗に持参いただくリユースキャンペーンを開催している他、近年問題になっているハロウィン翌日のゴミ問題への警鐘としても配布をしております。

11
くらい は 歌詞 今日

作詞:長渕剛 作曲:長渕剛 コツコツとアスファルトに刻む足音を 踏みしめるたびに 俺は俺で在り続けたい そう願った 裏腹な心たちが見えて やりきれない夜を数え 逃れられない闇の中で 今日も眠ったふりをする 死にたいくらいに憧れた 花の都"大東京" 薄っぺらのボストン・バッグ 北へ北へ向かった ざらついたにがい砂を噛むと ねじふせられた正直さが 今ごろになってやけに 骨身にしみる ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して 笑ってらあ 明日からまた冬の風が 横っつらを吹き抜けて行く それでもおめおめと生きぬく 俺を恥らう 裸足のまんまじゃ寒くて 凍りつくような夜を数え だけど俺はこの街を愛し そしてこの街を憎んだ 死にたいくらいに憧れた 東京のバカヤローが 知らん顔して黙ったまま 突っ立ってる ケツの座りの悪い都会で 憤りの酒をたらせば 半端な俺の 骨身にしみる ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して 笑ってらあ ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して 笑ってらあ. 魅せるよFighting Road 負けないソウルで Go! もちろん携帯やスマートフォンでの表示にも対応していますので、カラオケなどでも大活躍間違いナシ!お気に入りのアーティストや気になる新曲など是非探してください! 当サイトでは常にユーザーの皆様のご期待に添えるよう、随時コンテンツの充実に向け努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 試聴する KKBOXを起動 今日くらい 作詞:湯毛 作曲:せらみかる 朝目が覚めて まず味わう 満ち溢れるこの絶対感 到来時代! 煩悩オーライ! 笑いが止まらないぜ 別にとりたてて華もなく 平々凡々たる僕に 将来未来! 青春オーライ! 訪れた最高のチャンス ああ 何もかもが違く見えて 今までの自分じゃない様な イケナイ事浮かんできちゃっても ねぇいいじゃないですか 今日くらい 止まることを知らないほど ますます研ぎ澄まされてゆく 限界はない! Can't stop All right! 震えが止まらないぜ 己の目に写った全てが 偽りないモノであるならば ここからは誰にも邪魔させない ねぇいいじゃないですか 今日くらい どこまで行こうかなっと どこまで行けんかなっと 到来時代!煩悩オーライ! 笑いが止まらないぜ 明日はどうなるんだ そんなもんは決まってる! 将来未来!青春オーライ! 二度とない最高のチャンス ああ 何もかもが違く見えて 今までの自分じゃないような イケナイ事浮かんできちゃうから もういいじゃないですかねぇ 己の目に写った全てが 偽りないモノであるならば ここからは誰も邪魔しないで もういいじゃないか今日くらい 今日くらい 今日くらい 今日くらい 心奮わせて 今日くらい 今日くらい いつもの自分を忘れさせて 朝目が覚めて また味わう 満ち溢れるこの絶対感 夢か真かはどうでもいい どこまでも行ける今日からは. 雫 Vo. (JASRAC許諾第J020705494号) 作品名 オープニング エンディング ポルフィの長い旅 こんにちはアン 作詞/岸田衿子 作曲/渡辺岳夫 編曲/松山祐士 歌/伊集加代子、ネリー・シュワルツ くちぶえは なぜ とおくまで きこえるの あのくもは なぜ わたしを まってるの おしえて おじいさん おしえて おじいさん おしえて アルムのもみの木よ ゆきのやま なぜ ばらいろに そまるの あのかぜは どこに かくれて いるの おしえて おじいさん おしえて おじいさん おしえて アルムのもみの木よ ねむるとき なぜ ほしは そっと みているの わらのなか なぜ いつも あったかいの おしえて おじいさん おしえて おじいさん おしえて アルムのもみの木よ 作詞/岸田衿子 作曲/渡辺岳夫 編曲/松山祐士 歌/大杉久美子 もしも ちいさな こやのとが あいたら まっててごらん ほら あのこが かけてくる 二ひきの こやぎと いっしょに すきとおった 日ざしの中を もしも ちいさな あしおとが きこえたら まっててごらん ほら あのこが かけてくる もしも とおくで こだまが こたえたら まっててごらん ほら あのこが よんでいる エーデルワイスの花わを あおいそらへ なげあげながら もしも とおくで こだまが こたえたら まっててごらん ほら あのこも うたってる 作詞/岸田衿子 作曲/渡辺岳夫 編曲/松山祐士 歌/大杉久美子、アントワープ・チルドレン・コーラス LALALA LALALA ZINGEN ZINGEN KLEINE VLINDERS LALALA LALALA ZINGEN VLINDERS LALA LALALA LALALA ZINGEN ZINGEN KLEINE VLINDERS LALALA LALALA ZINGEN VLINDERS LALA ミルクいろのよあけ みえてくる まっすぐなみち わすれないよ このみちを パトラッシュとあるいた そらにつづくみちを LALALA LALALA ZINGEN ZINGEN KLEINE VLINDERS LALALA LALALA ZINGEN VLINDERS LALA LALALA LALALA ZINGEN ZINGEN KLEINE VLINDERS LALALA LALALA ZINGEN VLINDERS LALA パトラッシュ!! LALALA LALALA ZINGEN ZINGEN KLEINE VLINDERS LALALA LALALA ZINGEN VLINDERS LALA LALALA LALALA ZINGEN ZINGEN KLEINE VLINDERS LALALA LALALA ZINGEN VLINDERS LALA こむぎばたけ なみうち かぜにひかる かざぐるま わすれないよ このみちを パトラッシュとあるいた とおいとおいみちを LALALA LALALA ZINGEN ZINGEN KLEINE VLINDERS LALALA LALALA ZINGEN VLINDERS LALA LALALA LALALA ZINGEN ZINGEN KLEINE VLINDERS LALALA LALALA ZINGEN VLINDERS LALA リンゴばたけの むこうで かわいいアロアが よんでいる わすれないよ このみちを パトラッシュとあるいた ながいながいみちを LALALA LALALA ZINGEN ZINGEN KLEINE VLINDERS LALALA LALALA ZINGEN VLINDERS LALA LALALA LALALA ZINGEN ZINGEN KLEINE VLINDERS LALALA LALALA ZINGEN VLINDERS LALA パトラッシュ!! 作詞/岸田衿子 作曲/渡辺岳夫 編曲/松山祐士 歌/大杉久美子 パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの いっしょにあるこうね いきがきれてもあるこうね みちのむこうに みちのむこうに まぶしいひかりがさすまで パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの いっしょにあるこうね いきがきれてもあるこうね パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの やすまずにあるこうね ふりむかないであるこうね ホラえのなかの ホラえのなかの てんしのうたがきこえるよ パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの やすまずにあるこうね ふりむかないであるこうね 作詞/深沢一夫 作曲・編曲/坂田晃一 歌/大杉久美子 はるか草原を ひとつかみの雲が あてもなくさまよい とんでゆく 山もなく谷もなく 何も見えはしない けれどマルコ おまえはきたんだ アンデスにつづく この道を さあ出発だ 今 陽が昇る 希望の光両手につかみ ポンチョに夜明けの風はらませて かあさんのいる あの空の下 はるかな北を めざせ 小さな胸の中に きざみつけた願い かあさんの面影 もえてゆく 風のうた草の海 さえぎるものはない そしてマルコ おまえはきたんだ かあさんをたずね この道を さあ出発だ 今 陽が昇る 行く手にうかぶ朝焼けの道 ふくらむ胸にあこがれだいて かあさんに会える 喜びの日を はるかにおもい えがけ 作詞/高畑勲 作曲/坂田晃一 編曲/小六礼次郎 歌/大杉久美子 朝ぼくを おこしたおひさまが ほら もう ま上 いまかあさんを おこしてるんだ はるかな国の 空にのぼって かあさん おはよう ボンジョルノ ミア マドレ 明るくてらす おひさまの中 ほら 見て かあさん 泣き虫なんか もういない チビでもぼくは がんばりやだよ かあさん おはよう ボンジョルノ ミア マドレ 会いたいな 大好きなかあさん あの 雲にのり 大空なんか ひとまたぎ とびこみたいんだ かあさんの胸に かあさん おはよう ボンジョルノ ミア マドレ 作詞/岸田衿子 作曲/渡辺岳夫 編曲/松本祐士 歌/大杉久美子、セントメリーチルドレンコーラス、コロムビアゆりかご会 Hidy Hidy litle Rascal Like the wind, O little Rascal Hidy Hidy my friend Rascal Come with me, O little Rascal Hidy!。 毎週新曲を追加していますので国内最大級の情報量から、J-POPやアニメから演歌まで常に最新の曲の歌詞を検索できます。

1
くらい は 歌詞 今日

Here Rascal りんごなみきの こもれびのなか さあ いこう ラスカル いちばんぼしの ひかるころまで ロックリバーへ およぎにいこう かみさま ありがとう ぼくに ともだちをくれて ラスカルに あわせてくれて ラスカルに あわせてくれて ありがとう ぼくのともだち ラスカルに あわせてくれて 作詞/岸田衿子 作曲/渡辺岳夫 編曲/松本祐士 歌/大杉久美子 おいで きょうも ラスカル ぼくのひざへ おぼえているかい かしのきの あなのなかで きみは ねむっていたね きみは ねむっていたね あかんぼのとき つきよの ウェントワースのもりで おいで きょうも ラスカル ぼくのひざへ おぼえているかい はじめての みずあそびを きみは うれしそうに きみは うれしそうに なみとあそんだ いけゆりの はなを ゆらして おいで きょうも ラスカル ぼくのひざへ おぼえているかい のいちごを つんだひのこと きみと ぼくのかげは きみと ぼくのかげは ゆうひのなかを いまも ならんで かけている 作詞/つかさ圭 作曲/渡辺岳夫 編曲/松本祐士 歌/大杉久美子 ルンルン ルルル ルンルン ルンルン ルルル ルンルン 春のかぜが やさしく やさしく ほほをなでる さあ泣くのはおよし ペリーヌ いつもの笑顔がもどったら きぼうの土地をめざして あるきだそう あるきだそう だけど 道はとおいよ ペリーヌ ルンルン ルルル ルンルン ルンルン ルルル ルンルン 秋のよるは あかるく あかるく 空がひかる さあみあげてごらん ペリーヌ ひとりでくじけず いきてきた おまえをみまもる星が つよくかがやく つよくかがやく ほうら 幸福はすぐに ペリーヌ ルンルン ルルル ルンルン ルンルン ルルル ルンルン 冬のかぜが はげしく はげしく 窓をゆらす もうこわくはないよ ペリーヌ やさしい人たちが あたたかく うでのなかに だきしめて まもってくれる まもってくれる そうら 幸福がここに ペリーヌ 作詞/つかさ圭 作曲/渡辺岳夫 編曲/松本祐士 歌/大杉久美子 なまえはバロン きまぐれな犬 いつも かってなことばかりしている でもバロンとよんだら 口ぶえふいたら すぐに 私のそばにきてね バロン さびしいときには なぐさめてほしいの だって おともだちでしょう ねえバロン そうでしょう ねえバロン そうでしょう なまえはバロン きまぐれな犬 いつも まぬけなことばかりしている でもかけると早いし けんかもつよいし とても たよりにしているのよ バロン こまったときには 手をかしてちょうだい だって おとこのこでしょう ねえバロン そうでしょう なまえはバロン きまぐれな犬 なぜか ひとりであそぶのが大好き でもバロンとよんだら 口ぶえふいたら そうよ 私のそばにきてね バロン うれしいときには 一緒におどりましょ いつも なかよしふたり ねえバロン そうでしょう ねえバロン そうでしょう 作詞/岸田衿子 作曲・編曲/三善晃 歌/大和田りつこ きこえるかしら ひずめの音 ゆるやかな丘をぬって かけてくる馬車 むかえにくるの むかえにくるのね 誰かが わたしを つれてゆくのね 白い花の道へ 風のふるさとへ つれてゆくのね つれてゆくのね きこえるかしら ひずめの音 こもれびの中をぬけて かけてくる馬車 むかえにきたの むかえにきたのね 誰かが わたしを つれてゆくのね もえる雲の下へ なみだつ みずうみへ つれてゆくのね つれてゆくのね 作詞/岸田衿子 作曲・編曲/三善晃 歌/大和田りつこ はしっても はしっても おわらない 花の波 みずうみは遠く もえるくもは もっと遠く 花の中で 一日は終わる さめない 夢みたいに さめない 夢みたいに ねむっても ねむっても きこえる 水の音 夕暮れはやさしく かねのおとは もっとやさしく アボンリーで 一日は終る さめない 夢みたいに さめない 夢みたいに 作詞/山川啓介 作曲・編曲/服部克久 歌/日下まろん お前なら行けるさ トム 誰よりも遠くへ 地平線の彼方で 待っている すばらしい冒険が そうさ つらい時も 顔を空に向けろ 忘れた夢が 見えるよ 自由なけものみたいに 走ろうぜ おれたちの胸には トム 流れてるミシシッピー のんびりと陽気に 力づよく おれたちも歩こうよ そうさ男の子は 回り道をしても 夢の海へ着けばいい 重たい靴など脱いで 生きようぜ そうさ つらい時も 顔を空に向けろ 忘れた夢が 見えるよ 自由なけものみたいに 走ろうぜ 作詞/山川啓介 作曲・編曲/服部克久 歌/日下まろん 人が生まれる前から 流れているんだね 空より広い ゆたかなミシシッピー・リバー 君はいつでも明日を 指さす矢印さ 知らない世界へ行こうと 歌ってる きっといつか 行くよぼくも 君がめざす海へ そして君に 負けないくらい 遠く 旅をするんだ 蒸気船の汽笛は まぶしいシンフォニー しょげてる時も心が ふくらむんだ 君は小さな頃から いかした友達さ なんでも話せる やさしいパパがわり きっといつか 行くよぼくも 星の下を ひとり そして君に 負けないくらい 大きな夢を つかむよ きっといつか 行くよぼくも 君がめざす海へ そして君に 負けないくらい 遠く 旅をするんだ 作詞・作曲/井上かつお 編曲/青木望 歌/潘恵子 「潮風を頬にうけ 裸足で駆けてく ふり向けば白い砂 わたしの足跡」 ほら 飲んでごらん 冷たい水を上げましょう ほら 空をごらん カモメも飛ぶわ よろしくネ どんな淋しい時でも 私は負けないわ 「潮風を頬にうけ 裸足で駆けてく ふり向けば白い砂 わたしの足跡」 ほら 赤く燃える 焚き火かこんで話すの おいで わたしの膝に あたたかい夢見るのよ 悲しい時こそ笑顔で みんなを励ますわ 「さざ波がうち寄せる 小さな珊瑚礁 見上げれば星空に 明日が広がる」 どんな淋しい時でも 私は負けないわ 「潮風を頬にうけ 裸足で駆けてく ふり向けば白い砂 わたしの足跡」 作詞・作曲/井上かつお 編曲/青木望 歌/潘恵子 フローネ 笑って フローネ 貝殻押しあて 聞いてみる 淋しい時 聞いてみる 別れた友達が呼んでいるよな そんな気がする フローネ わたしは強い子 いたずらな女の子 そうよ まっ赤な花びら 長い髪に飾って だから フローネ 笑って フローネ フローネ おやすみ フローネ 逆立ちしながら 考える 今日の失敗 考える みんなの笑い声があふれる時 ヤシの葉もゆれるよ フローネ 明日も元気に 駆け廻るがいいわ そうよ 泣いたりしないわ どんなに海が荒れても だから フローネ おやすみ フローネ フローネ おやすみ フローネ 作詞/深沢一夫 作曲・編曲/坂田晃一 歌/やまがたすみこ 忘れないわ 星ふる夜に 誓ったことば このともしびを 消しはしないと 忘れないわ あかねの朝に 誓ったことば 若葉にそまる 春を呼ぼうと 斧うつひびき 道ひらくうたごえ こだまが胸に はずんでくるの このおお空の 虹になりたい! 希望にとどく 虹になりたい! 忘れないわ みしらぬ海に 誓ったことば 悲しいことも こえてゆこうと 忘れないわ まばゆい空に 誓ったことば けわしい森に あしたをきずこうと ひろがる大地 もえたつ地平線 みつめる胸に あふれてくるの このおお空の 虹になりたい! 希望にとどく 虹になりたい! 作詞/深沢一夫 作曲・編曲/坂田晃一 歌/やまがたすみこ 知ってる? 知ってる? 知ってる? ユーカリの木に 赤ちゃんコアラ かあさんさがして 枝から枝へ 葉っぱのごちそう たっぷりもらい 風のゆりかご おひるねよ 知ってる? 知ってる? 知ってる? 水べに遊ぶ ワライカワセミ いつも陽気に わらってばかり ウハハハハ… ウハハハハ… いたずらされても ウハハハハ… 知ってる? 知ってる? 知ってる? 森グライダー トビユビムスビ 四つのあしに 毛皮のつばさ ながいしっぽで カーブを切って おとなりさんに こんばんわ みせたいな みせたいな 森の動物 みせたいな 作詞/阿木燿子 作曲・編曲/広瀬量平 歌/潘恵子 小さな生れたての雲は エンジェル達の 綿菓子ね ちぎってぜんぶ食べて欲しい キラキラ色が 広がるように どこにあるの 青い空 私の心の中ですね どこにいるの 青い鳥 みんなの心の中ですね 青空は 神様のおくりもの すなおさは 神様のたからもの 誰かにいじわるした朝は 瞳の奥に 熱がでて いつもは輝いてるアルプスも 灰色になって しまうのですね どこにあるの 青い空 私の心の中ですね どこにいるの 青い鳥 みんなの心の中ですね 憧憬は 神様のおくりもの やさしさは 神様のたからもの 友達は 神様のおくりもの 私たち 神様のたからもの 作詞/阿木燿子 作曲・編曲/広瀬量平 歌/潘恵子 天使の翼を 花に変えたら 何になる やさしい気持ちを 森に置いたら どんなふう なぞなぞは なぞなぞよ 答えをそっと 教えてあげる エーデルワイス エーデルワイス エーデルワイスの白い花 エーデルワイス エーデルワイス 雪のかわりに 咲いた花 花言葉ならば 甘い想い出 何かしら 香りはほんのり 懐かしいのよ なぜかしら なぞなぞは なぞなぞよ 頬ずりしたら 不思議な感じ エーデルワイス エーデルワイス エーデルワイスの白い花 エーデルワイス エーデルワイス 私の好きな 白い花 エーデルワイス エーデルワイス エーデルワイスの白い花 エーデルワイス エーデルワイス 私の好きな 白い花 作詞/伊藤薫 作曲/三木たかし 編曲/鷺巣詩郎 歌/小林千絵 悲しい朝や 眠れない夜 静かに眼を閉じ想っています 何処かに私 待つ人がいる この空の下で 息をしている Love with You 誰もみんな 初め一人ぼっち Love with me そしていつか 愛する人に つつまれて星の中 寄り添い合い 幸福 紡いでゆくの 泣いた分だけ 人に優しく なれると信じて 今日まで来たの 時計の音を数えるように 少しずつ私 あなたを待つの Love with You 激しかった雨も いつかやんで Love with me 長い冬も いつしか終わる だからあなたにあげる 心をこめて 微笑の贈り物を Love with You 誰もみんな 初め一人ぼっち Love with me そしていつか 愛する人に つつまれて星の中 寄り添い合い 幸福 紡いでゆくの だからあなたにあげる 心をこめて 微笑の贈り物を 作詞・作曲/伊藤薫 編曲/鷺巣詩郎 歌/小林千絵 スミレはいいな 大地に抱かれ 野原を飾って 季節を告げる 私もいつか 生まれた街で 小さく静かに 暮らしてみたい ララバイ ララバイ 風の子守歌 ララバイ ララバイ 何処かの国の 話を聞かせて ツバメはいいな 空を渡って 北から南へ 自由に翔べる 子山羊はいいな 優しいママと いつでも一緒に 歩いて行ける ララバイ ララバイ 明日を見つめて ララバイ ララバイ 星のゆりかご ゆられて 眠るの ララバイ ララバイ 風の子守歌 ララバイ ララバイ 何処かの国の 話を聞かせて 作詞/なかにし礼 作曲/森田公一 編曲/服部克久 歌/下成佐登子 私の胸の 片隅に咲いてる 小さな花に 名前はないけど 悲しい時は 赤い花びら一枚 目がしらに あてるの すると涙が 消えてゆく 私だって 泣こうと思ったら 声をあげて いつでも泣けるけど 胸の奥に この花あるかぎり 強く生きて みようと思う 明日はきっと 今日よりはいい日と 祈りを込めて 星空を見ると 淋しくたって 一人ぼっちじゃないよと ささやいて くれるの 胸に咲いてる 赤い花 私だって 幸せほしいけど ほかにもっと 大事なものがある それが愛か 優しい心かは 生きてみれば わかると思う 作詞/なかにし礼 作曲/森田公一 編曲/服部克久 歌/下成佐登子 遠い道を歩くとき 歌をうたえば近い 道ばたの 花つみながら どこへつづく道なのか 誰も知らないけれど うしろなど ふりむかないで 行く 弱虫は 庭に咲く ひまわりに 笑われる どんな時も太陽を 見つめてる ああ 母の声が ああ 父の声が ああ 耳に また語りかけるの くじけたら ダメと 遠くつらい坂道も 登りつめたら終わる 美しい 景色に逢える それがどんな景色かは 誰も知らないけれど 夢に見た 幸せ色でしょう 泣き虫は 庭に咲く ひまわりに 笑われる どんな時も ほほえみを 忘れない ああ 母の声が ああ 父の声が ああ 耳に また語りかけるの くじけたら ダメと ああ 母の声が ああ 父の声が ああ 耳に また語りかけるの くじけたら ダメと 作詞/岩里祐穂 作曲/芹澤廣明 編曲/和泉一弥 歌/工藤夕貴 涙はふこうよ くじけちゃダメだよ Dance! 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 女性アイドルグループ『ZOC』や『femme fatale』のメンバーとして活動中。

10
くらい は 歌詞 今日

ずっと勇気もらってた せーいっぱいめーいっぱい がんばるキミが大好き 一生胸に消えないの この出会い 大切にするね あつまった夢はきっと 最初のギフトだよ どこまでも 広がってく またここから 完全無敵目指してNext Turn! このページに掲載されている歌詞はすべて日本音楽著作権協会の許諾を得て公開しています。

9
くらい は 歌詞 今日

渡しあえてるね育ててきた絆のおかげ 聞かせてHeart Beat 笑顔になれる! 連れて行ってよ 夢を忘れない 少年のまま ネバーランドへ GO! 連れて行ってよ 遥か遠い夢の国へ 作詞/秋元康 作曲/井上ヨシマサ 編曲/西平彰 歌/ゆうゆ 月のスウィッチを オンにして 蒼い夜空に頬をつけば ホラ ガラス窓の水槽 星は群れなす魚 ベッドに入って 100まで数えて 瞳を閉じたら あなた想いたい それから それから (せめて 今夜だけ) 夢を見させて (どうぞ 今夜だけ) 二人のロマンス AH- いつもは ちょっと言えない 乙女の祈りよ さあ開けゴマ! 目と目 合わせたら それだけで 俯いてしまう恋だから 今 そっと 手と手つないで 渡るハートの橋 毛布にもぐって 寝返り打つたび 近づく唇 キスの未来形 それから それから (せめて 今夜だけ) 夢を見させて (どうぞ 今夜だけ) 小さな決心 AH- いつかは ちゃんとね言えるわ 乙女の祈りよ さあ開けゴマ! (きっと 明日も) 夢を見させて (きっと 明日も) 2人の続きを (きっと 明日も) 夢で伝えて (きっと 明日も) 私の I LOVE YOU! SEAMOさん『Cry Baby』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 SEAMOさん『Cry Baby』の歌詞 クライベイビー words by タカダナオキ music by タカダナオキシンタロウグロウスイヅツ Performed by シーモ. 曲名、アーティスト名、フレーズ(曲の一部)等検索の方法も多数用意しています。 過去最多数のタイアップ・コラボ曲を含む全14曲 CDは全13曲 が収録。

10
くらい は 歌詞 今日

。 。

5
くらい は 歌詞 今日

。 。

くらい は 歌詞 今日

。 。 。