調和 予定

全歴史を通じ,全世界のモナドの変化の過程を,あたかも直接的相互関係があるかのように支配しているこのが予定である。

16
調和 予定

したがってこの表象能力、他のモナドの状態との対応は、モナドの定義からいって不可能であるところの外的な「相互関係」によるものではなく、モナドの自然的変化は内的な原理から生ずる 第11節。

1
調和 予定

」 「予定調和」の対義語とは? 「予定調和」の対義語としては、次のようなものがあります。 そのため、やはりと思って安心するでしょう。 この実体を「モナド」と言います。

11
調和 予定

日常会話レベルにとどまらず、政治・経済など比較的しっかりしたメディアの記事でも、後者の意味で使われています。 数学や哲学以外にも、功績を人文科学や自然科学全般に及ぶものも残している万能の学者であると同時に、政治家でもありました。 私たちの生きている世界の成り立ちとは、このモナドが集まって世界が形成されたと言い換えることができます。

7
調和 予定

が各間にあらかじめ定めておいた調和により、の秩序が保たれているとする説。

調和 予定

都合よくはかどること。 この神が予定して結果として調和が取れた状態を言い表したのが「予定調和」です。 ライプニッツとは? ライプニッツというのは、ドイツの数学者であり、哲学者でもあります。