手帖 暮し の

この年、6-7月号では前身の『スタイルブック創刊号 1946夏』復刻版が、8-9月号では『美しい暮しの手帖』創刊号のよりぬき復刻版が、続けて特別付録となった。

手帖 暮し の

そんな思いで編んだ特大号です。 喫茶店は、暮らしのなかの大切な居場所です。 おふたりがそろう、またとない機会です。

20
手帖 暮し の

しばしば「暮らしの…」「…手帳」と誤記されるが、「暮しの手帖」が正式な雑誌名。 、「みらいめがね」• 1話につき、2~3品のレシピが紹介されるスタイルで、連載12年目を迎えた「気ぬけごはん」は、『暮しの手帖』本誌で大人気の料理エッセイです。

手帖 暮し の

仲良しの「みつばち」と「のばな」が織りなす物語は、誰かを真っ直ぐに想う気持ちを呼び覚ましてくれます。 本当にいろいろあった、この一年。

13
手帖 暮し の

また花森は「ジャーナリストにとっては、 なにを言ったかということの外に、 そのことを〈いつ〉言ったか、 ということが、 大きな意味をもつ」とも述べている。

19
手帖 暮し の

「実証主義」を掲げ、料理や手芸の記事は、すべて編集部員が試作をして確かめながら制作。 このたび、前編集長の澤田康彦たっての希望により、編集長のバトンを受け継ぎます。 11月25日発売の最新号「5世紀9号」は、絵本の特別付録つきの特大号です。

2
手帖 暮し の

特別付録として綴じ込んだのは、国内外で注目されている絵本作家・きくちちきさん作の「しろいみつばち」。 また、「雑誌の全ての部分を自分達の目の届く所に置いておきたい」という理念から、は外部からのものは一切受けず(唯一の例外として、通巻3号の初刷のみに、の化粧品の広告が裏表紙に掲載された )、自社書籍についてのみを扱う。

11
手帖 暮し の

発行号数は100号ごとに「第・世紀」と区分される。