ハヤブサ 新型

important;text-decoration:none;text-align:center;overflow:hidden;-moz-opacity:. 当時も今もスズキには「GSX-R」の名を持つリッター級のスーパースポーツが存在しているが、このシリーズがコーナリングに特化したサーキット最速マシンだとすれば、ハヤブサはストレート最速。 スズキはリカージョンを量産化できるのかできないのか? またこの新しいエンジンの型式はXE7ということで、 これも2013年の東京モーターショーで公開されていた型式と同じですね。

ハヤブサ 新型

要はこれら補記のレイアウト自体が非常に重要になるわけです。 計測機器を背負い走行データを採取するテストライダー。

9
ハヤブサ 新型

carousel-content:nth-child 4 ,. より安定した走行を確保し、軽快な乗り心地を獲得したサスペンション フロントとリアのサスペンションは、前モデルにあった低速域でのオーバーステアの兆候を排除。 だけど仮に、私がふたりいて「よーい、ドン!」でサーキットで競争したら……完全に負けると思う。

ハヤブサ 新型

電脳に関しては、Vストローム1050XTに導入したシステムの活用に期待。

5
ハヤブサ 新型

実際のテスト走行時の模様や、デザイン開発時の模様、空力テストの模様など、開発時のリアルなシーンも公開されている。 外装類を取り外したところ。

13
ハヤブサ 新型

わずかな軽量化でもエンジンの負担は大幅に軽減され、エンジン耐久性の向上やパフォーマンスアップに貢献します。 パテント図の見方もかなり希望を含めてしまいましたが、 世界中のスズキファンも同じ考えではないでしょうか。 まずスタートダッシュ。

18