スネーク コーン

コンクリートに溶け込むような色合いで、薄いピンク色が出てくる個体は人気があります。

12
スネーク コーン

爬虫類は犬や猫と違い飼い主をスキンシップをすることが好きなわけではないので、人に触れるのを嫌がります。

スネーク コーン

野生にいるコーンスネークも赤地(オレンジ)に黒い縁取り模様です。 実際には本当に性格がおとなしいので人を噛む事はありませんが扱いには気をつけないといけません。 たまに餌と間違えて噛まれることがあります。

6
スネーク コーン

2018年9月24日追記: このブログでこの記事がよく見られているようなので、飼い始めて1年以上たった情報を追記していきます。 飼育方法 フンをした場合は取り除いて清潔にしてあげてください。

スネーク コーン

価格も手ごろで、コーンスネークの入門として絶大な人気を誇ります。 日本のヘビで言えば、アオダイショウやシマヘビが近い仲間です。

9
スネーク コーン

最終的にはアダルトマウスやラットを与えます。 目立つ色合いが美しく、初心者におすすめです。 生態 森林を好むが、草原、農耕地などにも生息する。

3
スネーク コーン

分布している場所によって、色や柄に差があるとされています。 人口餌は食べません。 なるべくお金をかけずに飼育したいと思ったら、飼育ケージは昆虫用のプラケースがいいと思います。

17
スネーク コーン

黒色部が白くなる。

スネーク コーン

夏と冬の温度管理について コーンスネークの原産国はアメリカで、野生の場合は気温が20~30度の地域に生息しています。 飼育環境に必要な道具は以下の記事でも解説しています。

9