404 ミュウ

イタズラ犯はリレーで振り切っていた。 階級は。 過去の事件に隠された希望 MIU404の 第七話 現在地 休日にまさかの遭遇 指名手配犯を追え! また作中の伊吹の説明によれば、安価であり、若者層が気軽に手を出しているが、暴力団が覚醒剤などより依存性が強く高価なドラッグに繋げるために流通させている()。

10
404 ミュウ

拳銃使用による殺人未遂事件が発生する。 。

5
404 ミュウ

トランクルームにはグッズ類などを置いており、宿泊先を探すために「神待ち」 をしようとしていたが伊吹らに阻止される。

2
404 ミュウ

観察眼と社交力に長けているものの、自分も他人も信用しない理性的な刑事。

6
404 ミュウ

第3話で虚偽通報者としてマークされている少女・真木カホリの声に異変を感じ、そのことを上に伝えて彼女の救出に繋げる。 その自販機には、防犯カメラが仕込んであるタイプで、それを公開してもらい犯人を捕まえようと言う。 型専門店「Melon de melon」のメロンパン。

1
404 ミュウ

生徒は、陸上部の復活を頼み、変な薬をしていたのは先輩たちで、自分たちは関係ないと主張するが、校長は、違法ドラックのことが噂になり学校の評判が落ちるのを気にして許可しない。 やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。 後、市営の外国人支援センターでに登録し 、外国人が孤立せずに生活していくための相談相手になる「バディシステム」の活動をしている。

10
404 ミュウ

そのような考えで描かれたシーンには、たとえば以下のようなものがある。

10
404 ミュウ

伊吹は問題の多い隊員との情報から志摩は不安を覚える。 最終話に近づくにつれ視聴率が上がっていくのがこの設定です。

7
404 ミュウ

4機捜の他メンバーとしては、404の二人が「塩顔」のコンビであるため 、対比として401を「濃い顔」のコンビにするという外見上の理由から始まり、ベテランの中にこれからを感じさせる「若い男の子」を欲しいという考えから、当時21歳の若さながら育ちの良さと堂々とした印象を与える岡田健史が選ばれた。 「歩きたくない」とぐずる千砂にを買い与えて待たせ、一人でを買いに行ったものの、戻る途中で404号車が追っていた水島の車に驚いて転倒。

5