ポワチエ シドニー

バハマのキャット島で農業を営んでいた両親が、トマトなどを売りにマイアミへ行っている時に母親が産気づいた。

15
ポワチエ シドニー

公民権運動がの制定という形で一段落を見せると、ハリウッドの白人資本は、白人映画の脇役扱いしかされない黒人スターに不満を持っていた黒人観客向けに「」を濫作するようになった。

12
ポワチエ シドニー

彼がひいている馬を見た一味は、ルサフォードに、バックの居所を教えれば500ドルやるという話を持ちかけた。 2011• 関連文献 [ ]• 予定日より2か月早く生まれたため、育つかどうか心配した両親はマイアミに3カ月滞在する。

1
ポワチエ シドニー

屋根の修理だけを引き受けることにしたホーマーだったが、はいっこうに賃金を支払おうとしない。 08454-2108-5• そのチャンスは意外に早くきた。 ポワチエが演じる男たちは、教養があり、きちんとした英語を話し、マナーを身につけ地味な服装をし、中性的でおとなしい、扱いやすく無害なものばかりだった。

ポワチエ シドニー

招待客が増えるのをメイドのティリーに伝える時、「誰がディナーに来ると思う?」と尋ねるジョアンナに、ティリーが「キング牧師ですか?」とまぜっ返す場面がある。

8
ポワチエ シドニー

撮影は彼の体調に合わせてスケジュールを組んでいたという。 その中にあって、黒人俳優の最古参の一人とも言える人物で、当時人気を博していたのようなパワフルで逞しい肉体を擁したアクション系の黒人俳優の個性が定着しつつあったが、ポワチエはあえて肉体のパワーではなく演技と「知」のイメージでの活躍を意識したという。 あれでは誰を連れて行ったとしても両親は当惑するだろう。

12
ポワチエ シドニー

ルースにひき連れられた黒人たちもかけつけ一味は逃走した。 『いつも心に太陽を』 1967年) 『夜の大捜査線』 1967年) と 『招かれざる客』 1967年) キャサリン・ホートンと 『失われた男』 1969年) ジョアンナ・シムカスと ・1967年、ドル箱 マネー・メイキング)スター・ベストテンの第7位にランクインすると、翌68年は第1位に 69年も第6位にランクイン)。

15
ポワチエ シドニー

シスター・エリザベス: ()• タイトルの由来 [ ] 映画のタイトル『野のユリ』の由来は新約聖書マタイ伝6章28節にある「野のゆりがどのように育つかをよく見なさい。

5
ポワチエ シドニー

一方で、愛娘とは、製作・主演の異色スリラー『フリー・オブ・エデン』で父娘共演を果たしている。

1