書き方 香典

香典の金額は故人との関係性で変わる 香典の相場は故人との関係性と自身の年齢で変わってきますが、特に大きく変わるのは関係性です。 もし、香典を持っていく場合は下記を参考にしてください。

11
書き方 香典

葬儀後の法事として追悼ミサや記念集会を行いますが、その場合も同様に、表書きは「御花料」を使います。 また、身内だけで小さく行われる法事の場合は遺族が「香典は持ってこなくて良いよ」と事前に伝えてくれる場合もあります。

13
書き方 香典

表書きとは、「御霊前(ごれいぜん)」や「御仏前(ごぶつぜん)」など、香典を贈る際の名目のことです。 もし余裕があれば、住所の上や横に郵便番号や電話番号も一緒に書いておくことがおすすめです。

6
書き方 香典

「故人との縁が切れる」を連想させる、割り切れる「偶数」 会食に参加する場合には、その費用も香典に含める必要があるので、会食費も合せて上記の金額を避けた金額になるように調整しましょう。 「重ね重ね」「ますます」といった不幸が連続で起きることを連想させる「重ね言葉」や、「四」「九」「離れる」「切れる」といった不吉な言葉には特に注意しましょう。

6
書き方 香典

キリスト教では白ユリや白いカーネーションが選ばれます。 部署ほどの規模になれば必然的に人数も多くなってくるので、さらに名前の書き方に疑問が生じるでしょう。 ただし、即日返しも多い最近では、金額にかかわらず同じ金額の品を贈るケースも増えています。

14
書き方 香典

旧字体の漢数字(大字)を使う 一般的に、香典の金額は簡単に改ざん出来ないように 旧漢字 大字 で書きます。 算用数字 漢数字 大字 3000円 三千円 参仟圓・参阡圓 5000円 五千円 伍仟圓・伍阡圓 7000円 七千円 七仟圓・七阡圓 10000円 一万円 壱萬圓 30000円 三万円 参萬圓 50000円 五万円 伍萬圓 70000円 七万円 七萬圓 100000円 十万円 拾萬圓・什萬圓 横書きの場合 香典の金額は縦書きで書くのが一般的ですが、横書きの場合は、 算用数字・アラビア数字で書きます。 弔事のときは薄墨での記入がマナーとなっているため、記入時は 墨の色にも注意しておきましょう。

9
書き方 香典

ただし、相手に読めるように書かなければ意味がありません。 表書きが印刷されている香典袋を買うときにも参考にしてみてください。

8
書き方 香典

香典の表書きや、使うペンなど、通夜や告別式とは変えた方が良いケースもあります。 中袋の記入例は以下の通りです。

16