疾病 受領証 特定 療養

申請する窓口は、加入している保険の種類によって異なります。 対象疾病(特定疾病)• 特定疾病の治療をうけているとき 「人工透析を受けている慢性腎臓疾患」、「血友病」、「抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群」の長期患者については、特定疾病の認定を受けると、1ヵ月の自己負担限度額は10,000円となります。 人工腎臓を実施している慢性腎不全• 世帯主からの申請に基づき、自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。

20
疾病 受領証 特定 療養

70歳以上の方については、75歳の誕生日の前日までお使いいただけます。 特定疾病療養受療証交付申請書• (有効期限内のものに限ります。 70歳以上74歳以下の人 特定疾病療養受療証に有効期限を設けておらず、更新の手続きは必要ありません。

疾病 受領証 特定 療養

・転入等により所得区分が不明な場合、未申告者と同様の扱いになることがあります。

19
疾病 受領証 特定 療養

・・・ ですので、まずこれは使えないかなと・で公費の更生医療を使用という形になると考えられます。 申請に必要なもの• (但し公的年金の収入は80万円控除されます。 ここでは仮に5,000円で話していきます) 特定疾病療養受療証と併せて更生医療も使っている場合は、患者の負担金の発生の仕方が変わってきます。

疾病 受領証 特定 療養

ただし、人工透析患者で標準報酬月額53万円以上に該当する人の1ヵ月の自己負担限度額は20,000円になります。 糖尿病神経障害、糖尿病腎症、糖尿病性網膜症 糖尿病の進行によって起こる合併症です。

疾病 受領証 特定 療養

抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(血液凝固因子製剤の投与に起因するものに限る) 申請手続き 「特定疾病療養受療証」の交付申請は、必要な書類をお持ちになって住所地の区役所・支所で手続してください。 世帯に所得が把握できない方がいる場合、60歳以下の方の適用区分は「ア」となり、70歳~74歳の方は適用区分が「一般」となります。 この取扱いを受けるためには、所得に応じた表3の証の交付を受け、保険証とあわせて医療機関等に提示する必要があります。