幸平 斎藤

Die Rolle der Differenz in Hegels System der Sittlichkeit, Hegel-Jahrbuch, 2014 De Gruyter• 『大洪水の前に マルクスと惑星の物質代謝』(堀之内出版、2019年・Monthly Review Press, 2017の邦訳版)• 朝日新聞「グレタさんの叫びは、共産主義への渇望!」 何を考えているのか、斎藤氏は、「グレタさんの演説や活動は、共産主義への移行を訴えている」と妄想を披露する。 自然環境を痛めつけてきた典型例が気候変動ですが、日本国内でも異常気象による災害が起きています。

幸平 斎藤

その際たる例が気候変動です。 Marx and the Idea of Ecosocialism in the Anthropocene Emancipatory Future Studies 2019年08月15日• コロナ禍でいえば、感染抑制の行動制限を行わず、貧困層など社会的弱者がどうなろうと、それは自己責任だと突き放す。 まだ先の問題だと思っていた気候システムの崩壊はすでに始まっている。

幸平 斎藤

大阪市立大学大学院経済学研究科准教授。

1
幸平 斎藤

引用元 確かにグレタさんの説教は、政治的主張そのものだ。

幸平 斎藤

とりあえずSDGsを目指せばいいという態度ではなく、公正で、持続可能な未来をもっと大胆に追求しなければいけない。 一般販売の印刷物としては類をみない仕上がりの書籍となりました。

幸平 斎藤

2012年、修士課程修了• 新型コロナウイルスの場合は、ワクチンが開発されれば、ひとまず感染拡大を食い止められます。 「書籍『未来への大分岐』で対談したアメリカのマルクス主義者マイケル・ハート氏も主張するように、『コモン』(共有、公営化)の領域が広がる。

7